お知らせ一覧

4月と5月にエアコンクリーニングしよう

2019年6月3日

梅雨前にエアコンクリーニング
エアコンは内部にホコリなどの汚れが溜まると本来の冷却や除湿の能力が損なわれるだけではなく、故障の原因にもなり兼ねないため定期的にお手入れをすることが大切です。
いつのタイミングでエアコンクリーニングを実施するのがベストなのか迷う方もいらっしゃると思いますので、エアコンのクリーニングにおすすめの時期についてご紹介します。

エアコンクリーニングにおすすめの時期
エアコンクリーニングは本体を分解してフィルターを洗浄するなど大掛かりな作業となり、使用したい時に自由に使用できません。
なので、快適性や健康のために最も稼動させたい時期は避けたいところです。
地域によって若干の差はありますが、日本国内では一般的に春の4月と5月は冷房や除湿、暖房も必要の無い比較的過ごしやすい季節ですので、この時期ならばエアコンが動かせない日があってもほとんど問題はありません。
また、最も冷房を使用する前の時期や、暖房を使用する時期に入る前にお手入れを済まし準備をしておくことで安心して稼動ピークになる季節を迎えることができるのも安心です。

エアコン内のカビ繁殖と稼働率が低下しやすい季節
カビは温度や湿度が高くなると活動が活発になり、ホコリなどを栄養にして成長や増殖を繰り返します。
エアコン内のカビの繁殖と稼働率の低下には因果関係があり、一定の温度や湿度があるにも関わらず稼働率の低い梅雨の一歩手前の時期に最も繁殖する傾向にあります。
もう少し暑くなりジメジメすれば多くの家庭でエアコンを稼動させますが、節約志向もありまだ早いと思って稼動させないとエアコン内に大量に繁殖してしまい、本格的に暑い季節を迎えてから動かすと室内にカビを撒き散らすことになります。
そのような状況を回避するために本格稼動の前にエアコンクリーニングを済ませて、カビのエサとなるホコリを与えないためにお部屋の清掃もしっかり行っておきたいところです。

エアコンは4月・5月のクリーニングがおすすめな3つの理由
1つ目の理由は、必要な時に稼動できない時間が発生するのを避けるためです。
本体を分解してフィルターを取り出すなどの手間の掛かる作業となる他、室内で行うことが不可能な場合は屋外などにパーツを移動させて作業を行うことがあります。
猛暑の中でエアコンが使えない時間があるのは厳しく、使わなくても比較的快適に過ごせる4月から5月がおすすめです。
2つ目の理由は、予約の取りやすさです。
エアコンを取り扱うサービスの需要がピークとなるのが6月から8月で連絡をしてもすぐに来てもらえないケースがありますが、閑散期ならば希望した日に来てもらえるのがほとんどです。
3つ目の理由は、料金が安くなる可能性です。
業者としては繁忙期の負担の軽減をする目的もあり、依頼を分散化させるために閑散期に値下げをしているケースもあります。

おわりに
エアコンクリーニングがなぜ4月から5月に依頼するのがおすすめなのか、そこには確かな理由があることが分かります。
今やご家族の健康のためにもエアコンは必須となり、いざという時に慌てないためにも最適な時期を見極めて日頃からしっかりとしたお手入れをするのがおすすめです。

弊社のエアコンクリーニングについての詳細はこちらをご覧ください

一覧に戻る