エアコン取り付け・取り外し

  1. HOME
  2. サービス内容
  3. エアコン取り付け・取り外し

様々なお客様からご依頼を受けて、全国各地のお客様宅にて家電製品の取り外しや取り付け工事を行なっております。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 引越しでエアコンを取り外さないといけない
  • ネット通販で購入したエアコンを取り付けて欲しい
  • エアコンを別の部屋に移動させたい

BlueWashでは引越しの際のエアコンの移設や、新しく購入されたエアコンの取り付けなど、様々なお客様のニーズに対応しております。工事の際には、室内機の取り付け位置や室外機の設置位置など、お客様と相談しながら出来るだけご希望に添えるように作業を行わさせていただきます。

エアコン取り外し・取り付けの料金について

  • エアコン取り外しのみ
  • エアコン取り付けのみ
  • エアコン移設(取り外し・取り付け)

※部材が必要になる場合や、追加工事が発生する場合には別途料金を申し受けます。

エアコン取り外し・取り付けの作業の流れ

エアコンの取り付けの流れ

作業時間1台あたり 1時間半~2時間

1エアコン(室内機)の取り付け

室内の構造を確認させていただいた上で、室内機を取り付ける場所を決めます。
その後、壁に室内機の背板と呼ばれる土台を設置します。
壁の材質によって固定する方法が変わります。水平器を見ながら背板を設置したら、室内機を背板に引っ掛ける形で取り付けます。

2配管パイプ、連絡電線、ドレンホースの設置

室内機と配管・ドレンホース・信号線・専用ホース類(対応機種のみ)をつなぎます。

3室外機の取り付け

室内機側の接続ができたら、室内機からでた信号線を室外機につなぎます。室内機と室外機を配管で接続したら、それぞれの接続部分を専用レンチで締めつけします。

4真空引き施工

最後に、正しくエアコンが動くか確認します。
また、エアコンからの排水が正常に行なわれるかを確認するために、室内機より水を入れて確かめます。

エアコンの取り外しの流れ

作業時間1台あたり 30分~1時間

1ポンプダウン作業

ポンプダウンとは、冷房運転させることでガスを強制的に循環させて室外機にガスを封じ込めてしまう作業です。
その為に、室内機本体に付いているボタンまたはリモコンを使用します。
ポンプダウンをしないとガスが漏れてしまい、エアコンを再度取り付ける時にエアコンの冷暖房能力低下につながりますので、エアコンを取り外す際には必ず実施します。

2室外機の取り外し

ポンプダウンが終わったら、電源を切りコンセントを抜きます。
室外機の横のカバーをあけると配管・信号線がつながっています。
外す順番は決まっていないので、ひとつずつ取り外していきます。

3室内機の取り外し

化粧テープをはがしジョイント部分を露出させ、レンチでパイプのナットを緩め、配管と室内機を切り離します。
配管を切り離したら、室内機を取り外し、壁に固定してある背板を取り外します。
この時、リモコンケースも忘れずに取り外しましょう。

4配管パイプ、連絡電線、ドレンホースの取り外し

室内機の配管・ドレンホース・配線を慎重に取り外します。

5作業箇所の簡易清掃エ

エアコンを取り外した後の壁には、配管用の穴があいています。
雨風が入ってこないようにする為に、専用のキャップがあれば取り付け、なければ専用パテで塞ぎます。

よくあるご質問

  • Q工事日の指定は出来ますか?また時間指定は?
    A
    春(3月、4月)と夏(7月、8月)のシーズンを除けば、ほとんど大丈夫です。
    ただ、お時間のご指定につきましては、多くのお客様宅へご訪問させて頂きたいと考えておりますので、基本的にはお受けしておりません。
    当日朝に工事スタッフから訪問時間のご連絡をさせていただきます。
  • Q新品のエアコンを購入して今付いているエアコンと交換したい場合、
    既存の配管でそのまま工事出来ますか?
    A
    出来る場合もございますが、エアコンの設置場所や状況により変わってきますので、現場を見させていただいてからのご返答になります。
  • Q新品のエアコンを購入したのですが、配管がありません。
    A
    お打ち合わせ時にその旨お伝えください。部材のご料金などご説明させていただきます。
  • Q標準工事以外に、追加料金はありますか?
    A
    はい、追加料金がかかる場合がございます。その際はご料金の見積もりをさせていただいた上で工事をさせていただきます。
  • Q申し込み当日にエアコンの取り外しと取り付けをお願いしたいのですが?
    A
    時期により対応可能なエリアもございますので、一度弊社までご相談ください。
    ただし、基本的には、当日にお伺いさせていただくことは難しいので、余裕をもったお申込をお願いいたします。

お申し込みの流れ

お申し込みから工事完了まで簡単5ステップ!まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 無料お見積り依頼
  • お見積りのご連絡
  • 工事日のお打ち合わせ
  • 工事当日のご連絡
  • 施工、お支払い
お申し込みの流れ

エアコン工事の事前確認ポイント

Point1室外機の設置

室外機の設置位置はお決まりでしょうか?お取り付けする場所によっては、追加工事が必要になります(2段、天吊り、壁面、屋根設置)。
下の図を参考に、事前に室外機の設置位置のご確認をお願いいたします。

室内機と室外機は、それぞれなるべく近い場所への設置をおすすめしています。
接続するために使用する配管が短くなるので、スッキリとした仕上がりになります。

最後に、室外機は前方に余裕を持った設置をする必要があります。
エアコン動作時の室外機からの排気が、壁などにさえぎられてしまうと空気がうまく循環せず、故障の原因や冷暖房の効きが悪くなるなど、エアコン本来の機能が発揮できなくなることがあります。

  • 壁面設置

    標準価格に+¥15,000(税抜)
    金具をお手持ちの場合 ¥7,000(税抜)
  • 屋根置き

    標準価格に+¥13,000(税抜)
    金具をお手持ちの場合 ¥6,000(税抜)
  • 地面置き

    標準価格内
  • 天吊り

    標準価格に+¥13,000(税抜)
    金具をお手持ちの場合 ¥6,000(税抜)
  • ベランダ置き

    標準価格内
  • 二段置き

    標準価格に+¥18,000(税抜)
    金具をお手持ちの場合 ¥6,000(税抜)

前方に障害物がない場合

前方に障害物がある場合

一般的な室外機の大きさは、高さ60cm×幅80cm×奥行き30cmくらいが目安になります。

Point2配管用の穴の確認

エアコンをお取り付けする場所の近くに、エアコンの配管を外へ出すための穴はあいていますか?
穴があいていない場所には、新しく穴をあける作業が必要になります。
建物の壁の材質によって作業内容が異なりますので、こちらも一度ご確認をお願いいたします。(例:木造・ALC(鉄筋コンクリート)・タイルなど…)
また、ご住居が賃貸物件の場合は工事の前に管理会社に確認を取る必要もありますので、注意が必要です。

先行配管とは…

先行配管(仕込み配管)とは、建築途中の段階でエアコンの配管があらかじめ建物の壁の中などに仕込まれている配管になります。
この場合は、エアコンに換気機能等の特殊機能がついている場合、配管の種類が合わずお取り付けができないことがございますので、工事の前に一度状況の確認をさせていただく必要があります。

隠ぺい配管とは…

隠ぺい配管とは、工事の際に配管を壁の中に通す配管方法になります。
こちらの場合も、壁の中の状況によっては工事を行う事ができないので、工事の前に一度確認をさせていただく必要があります。

家電製品のお役立ち情報はこちら