お知らせ一覧

エアコンの取り付けにかかる時間

2019年8月2日

エアコンの取り付け工事
引っ越しやエアコンを新しく買い替えた際に、エアコンの取り付けを業者に依頼することを検討している方も多いのではないでしょうか。
検討をする際、作業時間はどれくらいかかるのか事前に知っておきたいですよね。
そこで今回は、具体的な作業内容やそれぞれの工程にかかる時間の目安をご紹介します。
事前に時間を計算して、工事日の予定を立てましょう。

エアコン取り外し工事の所要時間は大体30分を目安にする
新しいエアコンの取り付けをする場合、多くの方が古いエアコンの取り外し工事も同時に行います。
エアコンの取り外しにかかる時間は、おおよそ30分です。
具体的な作業内容としては、エアコンの中に残っているフロンガスを室外機内に閉じ込めておくポンプダウンという作業や、室内機と室外機の取り外し、室内機と室外機をつなぐ配管パイプの取り外しがあります。
また、配管パイプを通すための壁の穴をパテで埋めるという工程も必要に応じて加わります。

エアコン取り付け工事の所要時間は大体1時間半を目安に
エアコンの取り付けをする場合は、おおよそ1時間半かかります。
具体的な作業内容は、配管パイプを通すための穴を壁に開ける、室外機と室内機を設置する、室外機と室内機を配管パイプでつなげる、真空引きや試運転をしてエアコンのコンディションを確認するなど、取り付け工事の作業はやることがたくさんあります。
また、エアコンの取り付けで知っておいてほしいのが、コンセントについてです。
エアコンは消費電力が大きい家電なので、部屋に設置してある普通のコンセントを使うことができません。
普通のコンセントを使用すれば容量オーバーとなり、ブレーカーが落ちる原因となるので、エアコン専用のコンセントは必須です。
エアコン専用のコンセントが無い場合は、新しくコンセントの設置をしなければなりませんので、その時間もかかることになります。

エアコン工事は余裕のある日に予約しよう
エアコン工事は、余裕がある日に依頼するようにしましょう。
なぜなら、何かトラブルが発生したり部品が足りなかったりした際に、思いのほか長引いてしまう可能性があるからです。
また、エアコン取り付けの予約は時間を明確に指定することが出来ません。
自分より前に予約があれば、そちらの工事が終了する時間も明確でないので、業者が来る時間もおよそでしかありません。
なので、半日以上かかると見積もっておくのが良いでしょう。
午前か午後のどちらかが丸々フリーになる日を選んで予約をするのがおすすめです。
分解清掃なども同時に依頼する場合は、その分時間が長引くということも考慮しておきましょう。

おわりに
エアコン取り付けにまつわる具体的な作業内容や、終わるまでにどれくらいかかるのかについての理解を深めることが出来たのではないでしょうか。
事前にこのような情報を知っておけば、安心して業者に依頼をすることができます。
エアコンの取り付け工事を依頼する際は、スケジュールに余裕がある日にしましょう。

一覧に戻る