お知らせ一覧

エアコン取り付け当日の立会いについて

2019年9月22日

エアコン取り付けの立会い

猛暑や厳冬など季節によってはエアコンなしで生活をすれば、健康を損ねるどころか命の危機さえ感じることがあります。
もはや必需品といえるほどに、大切な存在のエアコンですが、使えるようにするためにはエアコン取り付け工事をしなければいけません。
そこで工事をするにあたって立ち会い当日に注意するべきことを見ていきましょう。

エアコンの取り付け時間は工事の内容によって異なる
エアコン取り付けで工事に要する時間は、その内容によって変わります。
配管を通し、室内機と室外機を設置するといった基本的な作業をするならば1時間半くらいで完了します。
とはいえ、この時間は目安ですから、建物の構造や取り付けるエアコンの機種などによっては、さらに時間がかかります。
それに他にもやってもらうことがあれば、その作業をする時間も必要です。
たとえば、まだ使えるエアコンがあるならば、分解して内部の機械を点検してフィルターについたカビなどを落とす分解クリーニングを一緒に頼むこともあります。
分解して汚れを落とすのは業者がエアコンを持ち帰ってからのことでも、取り外す時間は必要です。
あらかじめ、取り付け時間について確認しておくようにしましょう。

取り付け当日にやるべきことは?
取り付け当日にやるべきことは、業者が作業をしやすい環境をつくることです。
室内機の取り付け時には脚立を置きますから家具を別の場所に移動したほうがいいです。
ベランダや建物の外に置く室外機の周辺も植木鉢やゴミ箱などがあると邪魔です。
人の目に触れても恥ずかしくないように、雑然と物が散らかっている状態にしないほうがいいです。
後は、立会いをするとき依頼者がやるべきことは基本的にはありません。
取り付け業者の一挙手一投足を見つめる必要もなく、別の部屋でくつろいでいても構いません。
しかし、貴重品は後で盗難騒ぎなどが起きたらお互いに大変ですから、業者が立ち入らない場所に移動させておいたほうがよいでしょう。

エアコンを取り付けてもらった際お礼は渡すべき?
エアコン取り付けにかかる料金は提示されている金額ですべてですから、別に手間賃を用意する必要はありません。
たとえお礼を渡そうとしても、業者のほうで断ることが多いです。
ですから、どうしてもお礼の気持を示したい場合であっても、別の形で示したほうがいいでしょう。
飲み物やお茶菓子は、体力を使う仕事ですから疲れを取るのに最適です。
夏場であれば冷たい飲み物を、冬場は温まる熱い飲み物を用意しておいてもよいでしょう。
夏場の飲み物は、ただの水やお茶よりもスポーツドリンクや経口補水液のほうが熱中症対策になります。
飲み物やお茶菓子を提供するタイミングは、すべてがおわった後だと受け取ってもらいやすいです。
基本的にはお礼を渡す必要はないということを覚えておきましょう。

おわりに
エアコンの立会い工事は、基本的には1時間半くらいが目安です。
しかし、工事をする状況に問題があったり、追加で頼んだりすることがあればそれ以上かかります。

当日は業者の邪魔にならないように荷物はどかして、貴重品は他人が入らない場所に保管しておきましょう。

一覧に戻る