お知らせ一覧

地震で取り付けられているエアコンが落下

2020年5月14日

エアコンが付いていない壁
地震がおこったときは、タンスが倒れてきたり、壁掛けテレビが落ちてしまったりと様々なリスクがあります。
そういったリスクの一つにエアコンの落下があります。
地震で落ちてきてしまった場合はどうすればよいのでしょうか?
本記事ではそういった事態になった際の原因や対策についてご説明いたします。

地震でエアコンが落ちてくることがある?
室内にいる際に地震がおきたときは、机の下など身を守れる場所に避難する必要があります。
しかし、状況によってはパニックを起こしたりすぐに避難できる場所がなくて身を守る場所に行くことができなかったりということもあるでしょう。
そのような場合でも気をつけられるように知っておきたいのが、エアコンが落ちてくることもあるということです。
もちろん、きちんと取り付けられているため簡単に落下するというわけではありませんが、必ずしも落下の危険性がないというわけではありません。
中には、きちんと取り付けられていたにも関わらず、取り付けられていた壁とともに落ちてきたという事例もあります。
地震の際には、なるべく落ちてくる可能性のある物の下は避けるように気をつけておきましょう。

エアコンが落ちてくる原因は?
エアコンが落下してしまう原因としては、どのようなことが考えられるのでしょうか?
それは、長年設置したままにしていることによる取り付け金具の劣化であったり、取り付け時の施工ミスであったりと様々な要因が考えられます。
場合によっては、築年数が古い物件に住んでいて壁が劣化して落ちてしまうということもあるでしょう。
エアコンも壁もモノである以上、劣化をすることを免れることはできません。
また、施工ミスは起こらないよう、信頼できる業者に任せるようにしましょう。

エアコンが落ちてきたらどうすればいい?
万が一、落ちてきてしまった場合は、どうすればいいのでしょうか?
地震が落ち着いた後に、落下したエアコンの状態を確認するようにしましょう。
取り付けられている場所は高所であるため、そこから落ちることで破損する可能性は低くありません。
外部の損傷だけでなく、内部も確認できる範囲を確認し、気になる損傷がある場合は修理業者を呼ぶようにしましょう。

おわりに
エアコンが地震で落ちてきてしまった場合は、落ち着いて状態を確認するようにしましょう。
その上で、破損状況や落下状態などを修理業者に伝えるようにするとスムーズに対応をすることができるでしょう。

一覧に戻る