お知らせ一覧

エアコン取り付けの予備知識!室外機の役割

2020年7月31日

エアコンの室外機
エアコンには室内機と室外機とがあります。
こちらの記事では、室外機の役割について、またよりよく動作させるためのポイントについてご説明します。

室外機の役割とは
室外機の役割は、「排熱」です。
冷房を使うことで部屋の温度を下げることができる。
これは、エアコンの性能の一つです。
このときに、エアコンを使って部屋を冷やしているという感覚を持ちがちですが、実はそれだけではありません。
エアコンを使って部屋を冷やすときには、部屋の中の「熱」を部屋の外に排熱しているのです。
そうすることで、部屋の温度は低くなります。
この「排熱」の役割をこなしているのです。

室外機を掃除するメリット
そのような重要な役割を持つ室外機ですが、実は定期的な掃除をしてあげたほうが良いのです。
室外機を掃除することで、以下のようなメリットがあるので知っておきましょう。

メリット1 故障しにくくなる
室外機を掃除しなければ、室外機には余計な負荷がかかってしまうことがあります。
負荷がかかることで、故障リスクが高まります。
故障リスクを抑えるためにも、掃除をしてあげたほうが良いでしょう。

メリット2 節電効果がある
室外機に、ほこりやごみなどがたまることで室外機の作動効率は落ちてしまいます。
放熱や排熱の効率も悪くなってしまうので、エアコンはよりパワーを使って稼働しなければならなくなります。
その結果、余計な電気代がかかってしまうのです。
それを抑制するためにも、掃除するように心がけましょう。

室外機の掃除ポイント
室外機を掃除する上で、以下のようなポイントを覚えておくと良いでしょう。

ポイント1 掃除方法
室外機の掃除は、ブラシで行うようにしましょう。
ブラシで熱交換機などの汚れやほこりを落としましょう。
汚れがあまりにひどい場合は、掃除機などでほこりを吸い込んでもいいですが、ほとんどの場合、ブラシを使うことで効率的に汚れやほこりを落とすことができるでしょう。

ポイント2 室外機の周りも掃除しよう
室外機の周りが散らかっていたりゴミがあったりすることで、空気の流れが滞ってしまうことがあります。
空気の流れが滞ると、余計な電気代がかかって負担になってしまうことがあるので、室外機を掃除するときはその周りも掃除するようにしましょう。

おわりに
エアコンの室外機の役割についてご説明しました。
排熱の役割を持っている室外機。
しっかり効率的に動作できるよう、定期的な清掃を欠かさないようにしましょう。

一覧に戻る