お知らせ一覧

エアコン取り付け前のチェックポイント

2020年9月12日

チェックポイント
一人暮らしや引っ越しを始めるとなると、新しい部屋にエアコンを設置しなければいけません。
その場合、エアコン取り付けを業者にお願いする必要が出てきます。
ただ、取り付けを依頼する前に自身で確認しておかなければならないチェックポイントがいくつかあります。
今回はそんなエアコン取り付け前のチェックポイントをご紹介していきます。

エアコン室内機・室外機設置場所の確認
エアコンの室内機(本体)と室外機の設置場所を決めておきましょう。
どちらの設置にも十分に余裕のある場所を選びましょう。
また、室外機は可能な限り室内機に近い屋外に設置するのが好ましいでしょう。
BlueWashでは室外機の設置場所に関して、地面・ベランダ以外にも壁面設置・屋根置き・二段置き・天吊りにも設置が可能となっています。

ブレーカー電気容量の確認
ブレーカーの電気容量が不足している場合、取り付けが出来ない可能性があるのです。
エアコンの電源を入れる度に、ブレーカーが落ちて他の電化製品に影響が及ぶためです。
一般的にエアコン設置には30A以上が必要とされています。
もし足りない場合は、電気工事専門の業者に依頼してみましょう。

エアコン専用コンセントの有無
エアコンを設置する予定の部屋にエアコン専用のコンセントがあるかどうか確認してください。
標準のコンセントからエアコンの電源を抜いてしまうと発煙・発火の危険性があるためです。
また、コンセントは電圧や電流の異なる4つのタイプに分かれています。
使用するエアコンの電圧・電流を調べたうえで、そのコンセントが使用可能か確認しましょう。

配管用穴の有無
室内機(本体)を設置する場所付近に配管用の穴があるかも確認が必要です。
注意が必要なのが、穴があってもエアコンによって使用不可な事があることです。
BlueWashでは、そういった場合でもオプションにて配管穴の穴あけを行っています。(持ち家、もしくは穴あけの許可が下りている場合)

おわりに
今回はエアコン取り付けを依頼する前のチェックポイントをいくつかご紹介しました。
エアコンの取り付け作業には専門的な知識が必要になってくるので、信頼できる業者に依頼するのが良いでしょう。
業者にお願いすることで、エアコン取り付けの場所や電源容量も一緒に確認できるので安心して取り付けられますよ。
またBlueWashでは、安心の1年保証を設けているため、万が一故障した場合でも無料で修理を行っています。

チェックポイントを見て気になることがある方は一度、簡単見積もりをこちらから依頼してみてください。

一覧に戻る